棕櫚製伝統たわし

ねこのこたわし

天然素材 棕櫚のたわし

棕櫚製のたわしは、伝統的な工法でひとつひとつ手作りで制作されています。 棕櫚とは、ヤシの木の一種で、その樹皮の繊維を利用しています。耐水性、 耐腐食性、伸縮性に優れていることから、日本では高級な箒などで使われて います。棕櫚の最大の特徴は、その柔らかい感触です。一般的に流通しているパームや樹脂系素材製のたわしと違い、棕櫚製のたわしは柔らかく、手にも肌にも優しくできています。使った後に乾きやすいようにデザインされ、 芯材にも錆びにくい亜鉛引線を使用。日本の風土や文化に適したつくりとなっています。

棕櫚製たわし 有限会社サガラ
中サイズとミニサイズの2種類
ねこのこたわし(中)

定価:980円(税込)

ねこのこたわし(ミニ)

定価:780円(税込)

販売店舗

お米と暮らし

所在地:

茨城県つくばみらい市陽光台3-5-8

電話: 0297-58-0453

営業時間: 10時~16時

定休日: 木曜日、日曜日

山田屋の家庭用品

所在地: 千葉県松戸市本町12-8

電話: 047-362-3119

定休日: 月曜、火曜

ハックリベリーブックス

所在地: 千葉県柏市柏3-8-3

電話: 04-7100-8946

定休日: 第2・4火曜&毎週水曜

HP:http://www.huckleberrybooks.jp

料理研究家・(一社)日本糀文化協会 代表理事 大瀬由生子

食養生には、「一物全体」という言葉があります。食材全体を食べることで、 全ての栄養を摂取できるという考え方です。例えば野菜や果物は皮の部分 に多くの栄養成分や食物繊維が含まれています。これを捨てては勿体無い。 泥がついていますが、たわしと水で洗えばきれいに落とせます。

根菜類など皮を剥かないで調理すると、実に料理が簡単になります。江戸 時代の漬物はみな皮つきでしたが、ここにも知恵があったのですね。 

独特のやわらかさとしなやかさを持つ棕櫚のたわしは、このような日本人 の食生活を彩る大切な道具です。「触ればわかる」選び抜かれた天然素材の ここちよさ。

棕櫚の伝統たわしをぜひお試しください

棕櫚たわし 有限会社サガラ

棕櫚たわしを手作りで製造している東京唯一の老舗工房です。 佐柄ご兄弟は、50 年以上にわたってたわし を作り続けている伝統職人。伝統的な工法を大切に 守り、棕櫚の繊維を硬軟より分けて、使い勝手と手 触りにこだわったたわしは、老舗割烹等で高い評価 を受けています。葛飾区伝統産業職人会の会員。 

〒124-0005 東京都葛飾区宝町 2-33-16

伝統の手作り

サガラのたわしは、ひとつひとつ手づくりされています。密度が濃く、心地よい独特の手触りを実現するのは、50年以上の熟練職人のなせる技です。

厳選された素材

たわしに利用されている棕櫚の繊維は、硬軟を一本一本選り分けた上で、用途に応じた最適な硬さになるように組み合わせています。手間も時間もかけて繊維を選り分ける作業が、他にはない最高品質のたわしを生み出しています。

半世紀を超えるたわしづくり

サガラのたわしは、先代から引き継ぐ佐柄兄弟が伝統を守っています。たわしづくり一筋、50年を超える歴史があります。

ねこのこたわし誕生!

木版画家 大野隆司

長さも形も、猫のしっぽのようなので、この名前に しました。もっと小さなものは、「こねこのこたわし」 です。